池袋セクキャバmilky PIEの3回転は⅔で大当たり!揉み舐め触り吸いの4拍子♪

自称日本全国JC・JK品評委員会の金谷と申します。
勿論これは架空の団体なのですが、それほど私は若い女子が大好きです…。

街中で若い女子を見かけるとつい追いかけ回したくなるのですが、流石に社会的にマズいので(一度でいいからどこかで本物を味わいたいものですがね…)AVや風俗で黒い欲望を満たしている訳でございます。
さて、池袋といえば多種多様な風俗店が存在し私も月に1度か2度ここに出てきては若い女子と遊んでいます。
今回はmilky PIEというお店に来たのですが、ネットの口コミでは制服がJKでルックスの高さと若さに定評アリ。
HPでも揉み舐め触り吸い放題と謳っていることからかなり期待値が高くなっています(舐め放題・吸い放題というのが堪りませんな…)

そして何よりこのお店最大の特徴は2k払えば同伴のオプションが付けられること。
これはうまくやればお持ち帰りもできるかもしれないですね。
家を出る前からアソコの高鳴りが止まりませぬ。

アクセス・店内の雰囲気

お店はトキワ通りのレスタービュ池袋ビルの3Fにあります。
池袋駅北口からまっすぐと文化通りを歩いてトキワ通りを右折し、更に5〜60mほど歩いたところがゴールです。
1階にはつけ麺屋のえん寺が入っているのでそれを目印にすると分かりやすいですね。
すぐ向かいにCLUB MAXや千姫といったソープがあるので目印にしてください。

サービスが悪かったら目の前のソープに駆け込めるのでこれはありがたいですな。

何はともあれmilky PIEさんへ。
近くにボーイさんの姿が見当たらなかったので直接3Fに行くことに。

受付で初めてと伝えて前金で料金を払うと(今回は17時半頃に訪問。
クーポン利用で50分5kの3回転です)、マウスウォッシュの入った紙コップを渡されうがいを促されました。
あまりボーイさんの前で口をゆすぐのは好きじゃないので改善してほしいですね。
それにしても店内はかなり暗いですね。

訪問したのがまだ明るい時間だったのも災いしてか逆光のような形で更に暗く感じます。
まぁ暗い方が私の顔もあまり見られずに済みますし出てきた女子が多少ブスでも気にならないのでこの辺は好き好きでしょう。
焼酎をオーダーして早速席に行きます。
座席はソファータイプですがかなり狭いですね。

女子と2人で座るとほとんど身動きが取れないかもしれません。
テーブルも小さくランプが置いてあるせいでグラスを置いたらいっぱいいっぱいな感じです。
一応背の高い仕切りで分けられているので周りの目も気にならずに済みそうですね。
これだけ狭いと密着度も半端じゃないので私としては楽しみですね。

テーブルに当たってグラスを落とさないようにだけ気をつけながら遊びましょうw
50分で3回転できるそうなので結構忙しめになりそうですが、その分色々な女子が見られるので楽しみではあるのですが、短時間でおっぱいを楽しみ更に今後の同伴へと繋げるために可愛くてサービスの良い女の子を見極めなければなりませんね!

(一人目)清楚系女子のHちゃん

まず1人目はHちゃん。

清楚系でおしとやかな感じがイイですね。
胸はB〜Cくらいでそこまで大きくないですが初々しい感じが堪りません。
H「こんばんは♡Hです、お願いします。」

私「こんばんは。金谷です。よろしくね。」
H「はい!ありがとうございます♡今日は初めてですか?」
私「そうだね。
月に何回かはこの辺に来るんだけどここは初めてだよ。Hちゃんは長いのかな?」
H「まだ入ってそんなになんです!あまり慣れてないので色々下手だったらごめんなさい…」
私「大丈夫だよ。頑張ってサービスしてくれたら上手い下手は気にしないからね(可愛いなぁ…)」
H「ありがとうございます( ; ; )」

受け応えはなかなか悪くないですね。
入店間もないようで初々しさが堪らないです。
私「Hちゃんじゃあ胸触らせてもらっていいかな?」
H「優しくお願いしますね…?」
私「うん(あー。柔らかくていいな)」
H「ん……」
私「ご、ごめん痛かった?」
H「あ、大丈夫です…まだ触られるのにあまり慣れてなくて…」
私「ごめん。そしたらゆっくりいくね。」
H「ありがとうございます…」

私「席狭いから凄い密着度凄いね」
H「んっ…♡そうですね、これもう少し何とかならないのかな…」
私「そうだねぇ(これがいいんだけどね)…少しだけ舐めてもいいかな?」
H「はい…!ゆっくりお願いします…」
私「うん、じゃあ乳首舐めるよ」
H「ひゃっっ…」
私「気持ちいいの?」

H「あっ…はいっ…♡」
私「可愛いね?凄い立ってるよ?」
H「んっ……んっ……」
かなり感度が良いようです。
凄くそそられてきて私も我慢ができなくなってきました。
私「Hちゃん少しだけここさすってもらってもいい?」

H「えっ?あ、はい…分かりました…」
私「ああ、いいね。Hちゃんの乳首舐めながらさすられて凄く興奮する…(大当たりだこの子…)」
H「んっ…♡ありがとうございます…♡」
このままイキそうになりかけましたが、ここで交代となってしまいました。
3回転だと1人10分か15分程度でやはり予想通り忙しいなと一人目で実感。
Hちゃんももう交代?という顔をしていました。
ひとまずここで交代してもらいましたが、かなり当たりな子だったと思います。

(二人目)ちょいぽちゃ女子Sちゃん

1人目のHちゃんがかなり高評価のため2人目以降がいきなり心配になってきましたw

S「こんばんはSですー」
私「こんばんは(うーーん。ちょいぽちゃだし正直可愛くない。さっきのHちゃんに比べたら全然だな…けど若いしまぁいいか…)」
S「お兄さん今おいくつなんですか?」
私「41歳だよ」
S「えー!!全然見えない!てっきり30歳前半かと思った!」

私「ありがとうね。嫁さんもいないしアニメと風俗で楽しく生きてるからストレスがないんだと思うよ」
S「意外ですねー?アニメとか何が好きなんです?」
私「王道だけどプリキュアとかあとは涼宮ハルヒの憂鬱とかかな?あとはラブライブ!とかまどマギとかも」
S「まどマギ私も好きですね!スロットでも人気ですもんね笑」
私「Sちゃんスロットやるんだ」
S「少しだけですけどね笑」

ルックスは正直全然だけどトークは盛り上げてくれるなぁ。
少しずつ目が慣れてきたけど若いだけあってか肌もスベスベだしこれはこれでありですね。
私「Sちゃんもこの仕事は長いの?」
S「このお店で2軒目です。全部合わせても1年はまだやってないかな?」
私「そうなんだ♪どう慣れた?」←(さっきから己はスタッフかww)
S「はい♪おかげさまでw」

私「どんなお客さんが多いの?」
S「うちは結構痴漢プレイ目当てで来るお客さんも多いんですけど優しい人が多いですね」
私「あー私も痴漢はしてみたいかも。なかなかリアルだとバレたらまずいからね」
S「ですね笑 」
私「Sちゃんキスしていいかな?さっきの子とは時間なくて胸しかできなかったからさ」

S「あ、いいですよ笑 じゃあ私からさせてもらいますね」
意外と積極的でいいですね。
キスもしっかりと舌を使ったDKをしてくれます。
キスをしながら胸を揉みしだくと時折ビクビク身体が反応するのも悪くないですね。

これで見た目がもう少しよければなんですが…
私「Sちゃんキス上手だね。キスしながらここさすってもらっていいかな?興奮しちゃったよ」
S「あっ…ごめんなさい…それはルールでできないんです……」
私「ちょっとだけ…?」
S「ごめんなさい…」

これ以上催促してトラブルになるのも嫌なのでこの辺にしておいた方が良さそうですね。
キスとかその他のプレイは結構頑張ってくれて上手かったと思いますがHちゃんが1人目に来てしまったのでどうしてももう一声!と言いたくなってしまいます

(三人目)おっとり委員長系なWちゃん

いよいよ本日最後の女子です。
Sちゃんもサービス面ではまぁ及第点でしたがHちゃんがあまりに良すぎたためどうしても少し霞んでしまいました。
トリは一体どんな子でしょうか?w「こんばんは、Wです。よろしくお願いします。」

私「こんばんは、よろしくね」
(おお…凄い図書室が似合う文系の委員長タイプの子だ!胸も前2人に比べて倍以上の大きさがあるんじゃないか?
最後に大当たりだ!!!)」
W「今日は初めてですか?」
私「そうだよ、ここの子は皆サービス上手でいいね。気に入ったよ」

W「じゃあ私も頑張らないとですね笑」
私「楽しみだよ。Wちゃん凄い胸大きいね?
かなり人気なんじゃないの?」
W「まだまだです笑 私より胸大きくて可愛い子もいますからね」
私「凄く謙遜するね」

凄い真面目でおっとりしていそうだけど胸のデカさとこういう店にいるというギャップがいいですね。
時間もあとわずかですし楽しめるだけ楽しませてもらうことにしました。

私「Wちゃん早速だけど胸舐めさせてもらっていい?」
W「あっ、はい、どうぞ」
私「凄い大きくて可愛いから我慢できなくなっちゃったよ」
W「んっ……あん♡」
私「(本当に凄い重量感だな…これでパイズリとかされたらどうなるんだろう?)気持ちいいの?」
W「はい……凄くいいです……」
私「えっちだね。乳首吸うよ?」

W「きゃっ!」
私「どうしたの?」
W「あ……凄い…気持ちよくて……」
私「気持ちいいんだ?wちゃんキスして?」
W「んっ……んっ……♡」

私「キスも上手だね?wちゃんお○ん○ん胸にこすりつけたりとかってダメかな?」
W「えっ!?あ……うーーん、多分それはお店に怒られると思うからごめんなさい…」
私「流石にダメだよね笑 じゃあ手でさすってもらうのとかはどうかな?
少しだけでいいよ?」
W「ごめんなさい…それも多分ダメです…」
私「そっかぁ、無理言ってごめんね?」

W「私もごめんなさいね…その代わりキスと胸触るのなら大丈夫なので…」
私「ううん。ありがとうね」
Wちゃんも下半身は触ってくれなかったですね。
まぁセクキャバなので下手にトラブルになってもまずいので私もあまり強くは迫れませんでした。
しかしこのルックスと胸の大きさに加えてサービスもできる範囲内で頑張ってくれる姿勢はよかったです。
最後にHちゃんと甲乙つけがたいくらいの大当たりを引けてよかったです。

なかなかレベルの高いお店でした

使った金額

割引利用で45分6,000円のみ

女子情報

一人目・Hちゃん

【接客姿勢】
★★★★★
【ルックス】
★★★★★
清楚系で入ったばかりながらも一生懸命要求に応えようとしてくれたのがよかったですね。
不慣れな感じが逆に初々しさを醸し出して最高でした。

二人目・Sちゃん

【接客姿勢】
★★★★☆
【ルックス】
★★☆☆☆
トーク力やキスのテクニックはなかなかのものでした。
ルックスがもう少しよければと少し残念ですが総合的には悪くない子でしたね。

三人目・Wちゃん

【接客姿勢】
★★★★★
【ルックス】
★★★★★
文系の委員長タイプの女子でいい意味でこんな子がセクキャバにいるんだとギャップを感じました。
胸も前2人の倍近くの大きさがあり最高でしたね。
サービスも悪くなく最後に大当たりが引けました

総合評価

ルックスに関してはSちゃんのみやや残念でしたが、2/3で当たりを引けたのはよかったですね。
サービス面では若い子達ばかりなのに一生懸命やってくれてかなり満足できました。
トータルで見ればかなりの良店ですね。

milky PIEはこんな方にオススメ

今後の同伴オプション利用の下見という目的もあり今回はあえて場内は取りませんでしたが、ルックスもサービスもかなりレベルが高かったので初心者から上級者まで自信を持ってオススメできますね。
店内はかなり暗く席も狭いですがその分密着プレイを楽しめるという点も良いのではないでしょうか。
今後はHちゃんかWちゃんとの同伴を狙って積極的に足を運びたいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました