池袋西口セクキャバ【Club Gaff】童貞を殺すセーターにやられてきました

はじめまして。
おっぱい品評会会員の八神(やがみ)といいます。
みなさんは「童貞を殺すセーター」という異名を持つセクシーなセーターがあるのをご存知だろうか。

その名の通り童貞であれば悩殺してしまうくらいにセクシーなセーターである。
首元は緩めのハイネックで、背中がざっくりと開いている。
そして、お尻の上部が見えてしまうくらいに背中が大きく開いているニットセーターのワンピだ。
イメージ出来ない人の為に分かりやすく説明すると、スト2のキャミィが着ている水着をセーターにしたような感じだ。

ついこないだまで一世風靡した童貞を殺すセーターだが、私の中では未だにそのセーターへのパッションが冷めやらない。
自宅にはミニチュアのDTを殺すセーターがあるが、フィギアを購入する時はそのセーターに袖を通す事が出来るかどうかが購入の判断基準となる事もある。
そしてつい先日、セクキャバのサンクチュアリ(聖域)である池袋に、この伝説のセーターを纏ったキャストで溢れかえる店舗があると風の噂で聞いた。
その名も「Club Gaff」。

行かなくてはいけない使命感に駆られて、気が付けば池袋にある、その店へと足を運んでいた。

アクセスとClubGaff店内の様子

住所:東京都豊島区池袋2-42-1第三嶺岡ビル3階
アクセス:池袋駅西口より徒歩4分

【行き方】
池袋ロイヤルホテルの北隣り、三井のリパーク向かいにある茶色いくて角に丸みを帯びたビルが目印だ。
店の前にいる黒服が話しかけてきた。
黒服「今でしたら待ち時間無してすぐご案内できますよっ!」
私「あ、すみませんこちら使えますか?」
あらかじめ用意していたクーポン画面を手際よく見せる。
黒服「はい。大丈夫です!」
私「じゃあお願いしまーす」
【店内の雰囲気】
お口クチュクチュは無しで、そのまま席へと案内。

オープンして間もないせいか客の入りはまずまず。
タイミングが良く待ち時間無く座る事が出来たが、並ばないと入れない日も多そうだ。
シートはゆったりできる大きさで、仕切りはカーテンで殆ど個室と言える空間。
飲み物はハウスボトルのみで焼酎、ウイスキー、ブランデーの中から選択する。

私は今年で41歳になる立派なおっさんだが、もっぱら酒はビールか酎ハイに限る!
そうこうしているうちに、男性店員が酒を持ってきた。
黒服「女の子用意でき次第すぐに着ますので、もうしばらくお待ちください」
私「はーい」

私の大好きなブランデーが届いた。
ブランデーとウイスキーって何が違うんだろう…と、考えながらも待っている間に目の保養をしておこう。
待ち時間があっても、童貞を殺すセーターは360度、どの角度からでも楽しむ事が出来るので、時間を持て余す事は無い
特に好きなアングルは真横から見た時の横乳が|д゚)←こんな状態になっている時だ。

通り過ぎた後もパックリと開いた背中から見えるお尻の上部分(おしりのはじまりみたいな所)と太ももの裏の付け根、どちらでも楽しむ事が出来る。
15~20分くらい待ったかな…。
一人目の女の子がやってきた。

(一人目)大人の色気醸し出すMちゃん

嬢「お待たせ~」
私「もおー待ったよー(…まあまあのBBAだ)」
推定30代ちょい手前。
私は自慢ではないがロリコンだ。

嬢「何呑んでるのー?」
私「え、ブランデー、てか聞く程種類ねえしw」
女の子を見る基準は人それぞれあるが、私は第一に若さ、第二に若さ…いや、若けりゃブスでもいい。

とにかく若さを重視する。
でも、せっかくだからマジマジと生身の女が着ている童貞を殺すセーターを堪能しよう…。
と、思ったら片足を私の足の上にのせてきた。
私「俺、童貞を殺すセーター大好きなんだあ」

嬢「そうそう、これそんな面白い名前だったねw私知らなかったんだけど」
そう言いながら、とりあえずパックリ開いた脇腹から手を入れて腰のラインを握ってみたり、スリスリしてみる。
童貞を殺すセーターを着ている生身の女をはじめて見るが、改めてこのセーターの破壊力を知る事となる。
セーターの脇から直で体を触った途端に、アドレナリンが全開!!好みのタイプでもないのに、興奮してきた。

私「ねえ、Mちゃんはどこが感じるの?」
嬢「うーん。どこだろう~?」
体を触っているだけなのにビクンッビクンッしているMちゃんを見て、私のフェルナンデスは痛いくらいに勃起していた。
私「全身性感帯じゃん…ニヤニヤ」
嬢「えぇ~う、うん」

私「上に乗って」
嬢「うん…」
上に乗ってもらって、ふたたび脇から手を入れて双丘を揉みしだきながらのディープキス
一旦顔を放して

私「舌出して」
嬢「んぇ…」
う~ん。
童貞を殺すセーターを着て、ベロを出している姿を遠目に見る。

改めて見てもいい眺め
辛抱たまらず、その舌に吸いつき舌に付いている唾液を取り込む。
(ビュブブ…ピチャ…ゴクン)
再び顔を引いて、全体を眺める。

そろそろセーターで隠れている部分がどうなっているのか…気になってきた。
…と、扱い慣れているはずのセーターだが、いざ責めるとなるとこのセーターの取り扱いに悩んでしまった。
とりあえず、手でめくって乳首を責めるか…。
左から|д゚)ペロッ

嬢「んっ…」
右から|д゚)ペロッ
嬢「んっ…ん~」
左から|д゚)ペロッ

最終的には変態仮面状態
嬢「ちょwとったげるw」
私「えっ?」

そう言うと首の後ろに手をまわすと、首で留まっていたらしく前が全開に。
私「おおっ!すげええええ!」
嬢「すごいでしょ~」
今思えばパイパイがあらわになったと同時に、セーターがペロンとめくれた。

そして、目の前にいるのは私の好みとはかけ離れた普通の30手前のBBAだったが、もうそんな事はどうでもよくなっていた。
そして、あらためてオッパイを責め尽くしていると、時間終了

嬢「場内してくれる?」
私「うんっ大丈夫。ありがとう!」
それなりに楽しめたが、もっと若い子が来る事を期待して次に備えたい。

(二人目)藤田ニコル似のRちゃん

さあ、次こそは若い子が来る事を期待しよう。
嬢「こんばんわ~Rで~すっ♪」
私「あはっどうも、こんばんわ八神ですはじめまして(^▽^;)(か、可愛い)」
若い…しかも、あどけなさが残っている…すごく…いいです。

嬢「失礼しま~す」
私「は、はい!どうぞどうぞ!」
横に座るが、やや距離がある。
だが、見ているだけでも充分楽しめる程のクオリティだ。

歳の頃なら20歳前後。
自分の娘と同じくらいだろうか(嘘です。
すいません。
調子のりました。

未婚で子無しで彼女もいません。)
そんな若いRたんに私は女を感じて緊張していr…
嬢「どうしたの?」
私「えっ!?いや、Rちゃんがすごい可愛いから緊張してドゥフフフwww」
緊張しすぎて、まるでオタクみたいな笑い方をしてしまうありさまw

嬢「なにそれ~w~でも、嬉しいアリガト♪」
私「す、すごく可愛い…何歳なの?」
嬢「お兄さんは歳いくつなの?」
私「え?41歳です」
嬢「あ~Rの親と同じくらいだ~」

私「えぇぇ…そうなんだ…」
なんだろう、何かイケナイ事をしている気がする。
そう思うと何だか興奮してきた。
私「チュ、チュチュチュウしよ」

嬢「もおーまだ早いよ~」
私「え!?ああごめん」
前触れも無く突然迫り軽めのビンタいただきましたw

あれ?
ここ何のお店だっけ?
一瞬たまに行くM性感のお店と間違えて来てしまったのかと混乱してしまった。
嬢「それ何飲んでるのー?」
私「ああ、これブランデー」
そう答えながら、横乳を拝ませてもらおうと思って横から覗いた。
すると、スッとセーターをつまんで横乳ガード。
嬢「もお!へんたいっ」
私「うぅ…」
嬢「ねえねえRも飲み物頼んでもいいー?」
私「え、うんどうぞ、どうぞ」

クソう…。
すんなりとおねだりに応じてしまったじゃないか。
このままではまずい、時間をムダに過ごしてしまうパターンにハマりそうだ。
よし、そろそろ大人の男が本気になった所を見せてやるか。
スゥと手を伸ばしセーターをめくってティクビにご挨拶しようとすると今度はお手々にビンタw
嬢「Rの飲み物まだきてないでしょー!」
私「はひ~ごめんなさい~」

ここをドコだと思ってんだよ!キャバクラじゃねえんだよここは!
ふざけんなよ!…とは思わない。
この見事な返しに気付けば私の愚息は痛いくらいに勃起していた。
そして、飲み物が到着。
この焦らしプレイがその後も数分間続き、いよいよタイムリミットが迫ってきた。
このまま何も出来ずに帰る訳にはいかん!

延長するにも金が無かった私は、最終手段を決行した。
私は勝利の為なら、くだらないプライドなんぞ捨て去るタイプだ。
私「お願いしますっm(__)mチュウだけでいいのでさせて下さいm(__)m」
嬢「うーーん…いいよ」
私「よっしゃ!」
「チュッ」っと唇が当たった途端にRちゃんはスッと顔を引く。
そこには一人で舌を出して目をつむっている私が。
おいおいまじかよ。
フレンチキスかよ…。
そして時間終了。
特に延長交渉も強くされること無く出口までお見送りしてもらってバイバイ。

まとめ

使った金額

私の入った時間帯だと通常40分8,000円だがクーポンを使って4,000円に。
ドリンク1杯2,000円。
税サービス料の23%が加わり合計7,380円也。

女の子情報

童貞を殺すセーターを着ているだけで、何割増しかアップするマジックはあるが、とくに問題も無く普通に可愛い子が多い様子

一人目・Mちゃん

【接客姿勢】
★★★★★
【ルックス】
★★☆☆☆
まったくタイプではないし歳もちょっといってそうな感じだったので星は2つ。
しかし接客姿勢は満点♬
しっかりとセクキャバを堪能させていただきましたm(_ _)m

二人目・Rちゃん

【接客姿勢】
★★☆☆☆
【ルックス】
★★★★★
一人目の女の子とは星が真逆。
ルックスこそ私のドンピシャでしたが、若さゆえかあまりエロいことはできず、ココセクキャバだよね?
と言いたくなる内容。

総合評価

★★★★☆
個人的には童貞を殺すセーターというコンセプトでなければ星3つ。
一人目の接客が良い言っても二人目と比較してのこと。
セクキャバ行けばできるプレイしかしていません。
もう何人か見るためにもリピートはしてみるつもりはあるが、2回めも同じような内容ならもう行かない。
女の子の容姿レベルは客観的に見ても高い部類だと思われる。

池袋の“店名”はこんな方にオススメ

※混雑している所が気にならない人で、何よりも童貞を殺すセーターが大好きな人にはオススメ!
※お金をかけずにフリーで楽しみたい方

コメント

タイトルとURLをコピーしました